道内周遊6日間の旅  その6完 富良野線

道内周遊の旅の最終日は、富良野から上富良野 と美瑛で途中下車、旭川で一休みして札幌へ帰 りました。 最終日の走行距離は191.6kmでした。 計画段階では、今まで利用経験がない富良野か ら滝川へ行く根室線の利用も考えましたが、あ まり見所もなさそうなのでやめました。 [ところで、滝川ー富良野がなんで“根室線“な…
コメント:0

続きを読むread more

道内周遊6日間の旅 その5 網走から富良野まで

5日目は、午前中、網走の天都山へ行って眺望を楽しんでから 網走駅から旭川駅経由で一挙に富良野まで移動しました。 網走ー旭川間が237.7km、旭川ー富良野が54.8km合わせて 292.5kmの旅でした。 ホテルの部屋から遠くに網走湖が見えました 北天の丘網走湖鶴雅リゾート  落ち着いた雰囲気…
コメント:0

続きを読むread more

道内周遊6日間の旅 その4 花咲線と釧網線

道内周遊の旅の4日目は、根室から釧路へ戻る 花咲線の135.4kmと釧路から釧網線で網走まで の169.4kmの合わせて304.5kmのJRの旅でした。 時間にすると、花咲線が2時間15分、釧網線が 3時間1分合わせて5時間16分です。 北海道の広さを実感しながら、沿線の景色を存分 に楽しんだ1日でした。 …
コメント:0

続きを読むread more

道内周遊6日間の旅 その3 花咲線

道内周遊の旅の3日目は、釧路と根室の間を走るJRの 花咲線に乗って、最果ての駅根室駅へ行き、駅から根室 交通のバスで日本最東端の納沙布岬へ行きました。 この日の走行距離は、JRとバス往復合わせて181kmでし た。 根室は30数年前に自動車で行ったことがありますが、 JRの花咲線は初めてでした。 釧路から一…
コメント:0

続きを読むread more

道内周遊6日間の旅 その2 釧路湿原

2日目は、阿寒湖温泉から釧路へ戻り、ノロッコ号に 乗って、釧路湿原を観てきました。 温泉から釧路駅までバスで71.4km,ノロッコ号で釧網線 の釧路〜塘路往復54.4km合わせて197.2kmがこの日の 走行距離です。 朝の阿寒湖 釧路へ向かうバスの車窓からも丹頂鶴が見えました。 写真の真ん中あたりの小…
コメント:1

続きを読むread more

道内周遊6日間の旅  その1 阿寒湖温泉

JR北海道の6日間周遊パスが、道の補助で半額で買え 宿代はGOTOトラベルキャンペーンで35%引、おまけ に、15%の地域共通クーポンが付くと言うので、道東 をメインに9月4日から6日間の旅を計画してみました。 ただ地域共通クーポンは、実施が10月にずれ込んでし まったのは、誤算でした(涙)。 …
コメント:0

続きを読むread more

岩田健太郎「感染症は実在しない」

著者は神戸大学の感染症内科の教授で、今年2月にダイヤモンドプリンセス号に 乗り込んでクルーズ船の実態を告発したことで、有名に(?)なった人です。 実は私は、著者のクルーズ船の実態の告発について、あまり良い印象を持ってい ませんでした。しかし先日、本屋で偶然この本を目にして、「感染症は実在しな い」というタイトルが気に…
コメント:0

続きを読むread more

令和2年 楽しい水彩画 作品展 開催中

コロナで中止になる絵画展が多い中、私達の教室「楽しい水彩画」 (道新文化センター 津山先生)の作品展が、道新ギャラリーで 開催中です。 私が出展した絵は、以下の3点です。 最初の港の絵がポスターの原画です。 初夏の小樽港 F6号 菖蒲池 F6号 中島公園にある池です。 秋の訪れ…
コメント:0

続きを読むread more

函館への小旅行 その3完

3日目の函館の朝は曇り ラビスタ函館ベイは、全国朝食バイキング1位の 人気ホテルですが、コロナのせいでバイキングは 中止でした。写真以外に和食膳という2の膳がつ いていましたが、写真撮り忘れました。イクラは お代わりできます。 ホテルをチェックアウトして、函館駅で荷物を預 け、朝市へ。 どんぶ…
コメント:0

続きを読むread more

函館への小旅行 その2

2日目は、家内が昔住んでいた青柳町へ行ってみたい というので、行ってみました。 函館の市電は、札幌よりも線路が広く車体もいくらか 大きようです。 家内が中学生の頃住んでいた社宅はもう無く、茶色の 新しい建物に変わっていました。 しばらく、歩いていくと程なく教会が見えてきました。 函館聖ヨハネ教会…
コメント:0

続きを読むread more

函館への小旅行 その1

先日、道民割のキャンペーンが発表されたので コロナで中止になったツアーで止まる予定だっ た“ラビスタ函館ベイ“を申し込み、運よく予約 できました。 道民割でホテル代が安くなっただけでなく、2 日分の夕食や売店の利用券までつけてくれ、大 変お得でした。さらにホテルのフロントで函館 市のグルメクーポン(1名2,000円分)…
コメント:0

続きを読むread more

真柄修一展とmiredoのスープカレー屋さん

道新ギャラリーで、日展会友、一水会会員、道展会員の 真柄修一展が開催されましたので、観てきました。 十勝岳をはじめ道内の風景を描いたスケールの大きい油彩画の 大作の数々に圧倒されました。 絵を観た後は、今日もmiredoでランチしました。 スープカレー屋さんのSuage4の店内 …
コメント:0

続きを読むread more

水彩画の作品展とmiredoの天ぷら屋さん

いつもyoutubeで見ている水彩画家の酒井芳元先生の 教室の作品展「かおりV展」が、大通り美術館で開催 されていましたので、観てきました。 酒井先生の賛助作品 池のある風景 札幌ビール園風景  こちらも先生の賛助作品です どちらの絵もyoutubeで、製作過程がアップされています 絵を観たあと…
コメント:0

続きを読むread more

「女帝 小池百合子」

先月発売された本「女帝 小池百合子」を、何人かのTwitterで みたので、読んでみました。 著者の石井妙子氏が3年半かけて取材し、小池氏の実像を浮き彫 りにしていて、大変興味深く一気に読めました。 目下、都知事選の最中ですが、東京都の人々がこの本を読んだら きっと小池氏に投票する事はないでしょう。 東京…
コメント:0

続きを読むread more

miredoへ行って来た

18日にオープンした大同生命ビルの「miredo」 へ行ってきました。 B1から2Fまでが店舗階で、店舗の大半が飲食店 です。 天ぷら屋やハンバーグ屋さんの行列が多いよう でしたが、私は、台湾料理の店で牛肉麺を食べ ました。いい味でした。 1階の入り口  チカホからも入れます 台湾厨房FORM…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その5 完

著者は人の老化の仕組みを4つ上げています。 そのうち細胞の複製老化(テロメアの短縮)とアポトーシス については、前のブログで紹介しました。 今回は、残る二つ「炎症」と「胸腺」を取り上げます。 炎症 炎症は感染に対する重要な第一防御線ですが、加齢とともに 識別力を失い自分自身を攻撃し始めます。 炎症が攻撃…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その4

前回、老化の原因の一つとして、テロメアの短縮による 細胞の複製老化について紹介しました。 今回は老化の原因の二つ目として、アポトーシス(細胞 の自死)を紹介します。 アポトーシス オタマジャクシがカエルになるとき、尻尾を失いますが これはアポトーシスによるものです。 人の胎児も、5本の指を形成するとき、指と指の…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その3

前々回では、人の体には“ガタ“はこないこと 前回では、老化のさまざまについて紹介しました。 この本の順番では、現代の進化論の俯瞰、老化の理論 と理論の老化が続いていますが、 このブログでは順番を変えて、本書のハイライト部分 とも思われる二つの老化の仕組みのうちの一つ “複製老化“について紹介いたします。 原生生物の…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言の延長を早く解除して

安倍首相は、昨日緊急事態宣言の5月末までの延長を表明しま した。 多分この延長の決断に賛成の人が多いと思いますが 私は反対です。 首相は5/14に見直すとも言っておられるますが、私は14日には 全ての都道府県で段階的に解除すべきだと思います。 日本は、1990年のバブル崩壊やリーマンショックの対策失敗 など…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その2

老化のいきつくところは、“死“ですが、生まれてから死ぬまで の時間、すなわち“寿命“は、生物によって様々です。 生物の寿命 生物の寿命は、単細胞生物、植物、昆虫、哺乳類などで、それ ぞれ短命なものや長命なものなど実に多彩です。 この本で取り上げている長命のものをいくつかピックアップす ると ○ハコヤ…
コメント:0

続きを読むread more