水彩画の作品展とmiredoの天ぷら屋さん

いつもyoutubeで見ている水彩画家の酒井芳元先生の 教室の作品展「かおりV展」が、大通り美術館で開催 されていましたので、観てきました。 酒井先生の賛助作品 池のある風景 札幌ビール園風景  こちらも先生の賛助作品です どちらの絵もyoutubeで、製作過程がアップされています 絵を観たあと…
コメント:0

続きを読むread more

「女帝 小池百合子」

先月発売された本「女帝 小池百合子」を、何人かのTwitterで みたので、読んでみました。 著者の石井妙子氏が3年半かけて取材し、小池氏の実像を浮き彫 りにしていて、大変興味深く一気に読めました。 目下、都知事選の最中ですが、東京都の人々がこの本を読んだら きっと小池氏に投票する事はないでしょう。 東京…
コメント:0

続きを読むread more

miredoへ行って来た

18日にオープンした大同生命ビルの「miredo」 へ行ってきました。 B1から2Fまでが店舗階で、店舗の大半が飲食店 です。 天ぷら屋やハンバーグ屋さんの行列が多いよう でしたが、私は、台湾料理の店で牛肉麺を食べ ました。いい味でした。 1階の入り口  チカホからも入れます 台湾厨房FORM…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その5 完

著者は人の老化の仕組みを4つ上げています。 そのうち細胞の複製老化(テロメアの短縮)とアポトーシス については、前のブログで紹介しました。 今回は、残る二つ「炎症」と「胸腺」を取り上げます。 炎症 炎症は感染に対する重要な第一防御線ですが、加齢とともに 識別力を失い自分自身を攻撃し始めます。 炎症が攻撃…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その4

前回、老化の原因の一つとして、テロメアの短縮による 細胞の複製老化について紹介しました。 今回は老化の原因の二つ目として、アポトーシス(細胞 の自死)を紹介します。 アポトーシス オタマジャクシがカエルになるとき、尻尾を失いますが これはアポトーシスによるものです。 人の胎児も、5本の指を形成するとき、指と指の…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その3

前々回では、人の体には“ガタ“はこないこと 前回では、老化のさまざまについて紹介しました。 この本の順番では、現代の進化論の俯瞰、老化の理論 と理論の老化が続いていますが、 このブログでは順番を変えて、本書のハイライト部分 とも思われる二つの老化の仕組みのうちの一つ “複製老化“について紹介いたします。 原生生物の…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言の延長を早く解除して

安倍首相は、昨日緊急事態宣言の5月末までの延長を表明しま した。 多分この延長の決断に賛成の人が多いと思いますが 私は反対です。 首相は5/14に見直すとも言っておられるますが、私は14日には 全ての都道府県で段階的に解除すべきだと思います。 日本は、1990年のバブル崩壊やリーマンショックの対策失敗 など…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その2

老化のいきつくところは、“死“ですが、生まれてから死ぬまで の時間、すなわち“寿命“は、生物によって様々です。 生物の寿命 生物の寿命は、単細胞生物、植物、昆虫、哺乳類などで、それ ぞれ短命なものや長命なものなど実に多彩です。 この本で取り上げている長命のものをいくつかピックアップす ると ○ハコヤ…
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」

この本は、Youtubeにアップロードされた武田鉄矢のラジオ番組 (ラジオタウン)で紹介されました。 武田鉄矢の語り口にもひかれて、読んでみました。 人の体の中で老化はどのようにして起きているのか、なぜ老化が 起きるのかという問題に正面から取り組んだ力作です。 必ずしも読みやすい本ではありませんが、誰しも避けら…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス:なぜ日本の死亡者がこんなに少ないのか?

4月10日現在、コロナの死亡者は、道新の記事によると イタリア 18,279人 アメリカ 16,686人 スペイン 15,843人 フランス 12,210人 イギリス  7978人 中国    3336人 ドイツ   2368人 日本     121人 となっています。 この数字を見て、日本の死亡者が桁違…
コメント:0

続きを読むread more

「銃・病原菌・鉄」

なかなかユニークなタイトルのこの本、実は数年前に 読みかけのままでしたが、今回コロナ騒ぎで引き篭り の機会に改めて読んでみました。 上・下合わせて600頁を超える大著で読み応え十分で す。 著者のジャレド・ダイヤモンドはカリフォルニア大学 の地理学教授ですが、考古学、言語学、進化生物学な ど広範な知識を駆使…
コメント:0

続きを読むread more

感情と理性  新型コロナウイルスとインフルエンザ

新型コロナウイルスの報道が連日行われている最中ですが 2,3日前に、私は、ふと奇妙な感覚に襲われました。 次の数字を見て下さい。 米国の2/8時点 インフルエンザの感染者数 2600万人                         死亡者数         14000人 日本の インフルエンザ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスは生物兵器か?

この度の新型肺炎のウイルスは、中国武漢の 海鮮市場が発生源とされていますが、Youtube の複数のチャンネルとネット上の記事では、 発生源は武漢の研究所だと報じています。 タイで感染者にエイズウイルスの治療薬をも投与 したら、効果があったという報道がありました。 一方、インドで研究者が、新型コロナウイルスを 分析…
コメント:0

続きを読むread more

カルロス・ゴーン逃亡事件

遅まきながら、明けましておめでとうございます。 今年もボチボチ、気ままにやっていきますが、どうか 悪しからずお付き合い願います。 さて、年末から今日に至るまで、ゴーンさんの逃亡の ニュースが続いています。 「事実は小説より奇なり」と言いますが、ゴーンさんは どうやら、音響機器のケースの中に隠れて出国したよう でまる…
コメント:0

続きを読むread more

[反日種族主義」その3

12/27の道新の記事によると、韓国の憲法裁判所 が、2015年の慰安婦問題についての日韓合意を 違憲とする原告の訴えを却下したとありました。 この判決が、却下の理由を「日韓合意は単なる政 治的合意で法的拘束力をもたないため」としたこ とは、合意の破棄や再協議を求める原告の主張や 日韓合意を無視して財団を解散した文在寅政…
コメント:0

続きを読むread more

「反日種族主義」その2

第二部 種族主義の象徴と幻想 では 反日の最高の象徴としての竹島(独島)問題や 白頭山神話、鉄杭神話、旧総督府庁舎の解体な どが取り上げられています。 竹島については、韓国はもともと竹島の存在を 認識していなかったし、1905年に日本が領有 宣言をしたときにも、なんら異議を唱えていな かった。 しかし、日本の敗戦…
コメント:0

続きを読むread more

「反日種族主義」

現在の韓国の政治社会状況の中で、よくぞ勇気を持って このような内容の本を出版したものだ、というのが、私 の率直な感想です。 「種族主義」という言葉は、あまり聞き慣れない言葉で すが、韓国版のプロローグ 嘘の国 で著者は次のよう に説明しています。 「韓国の民族主義は、西洋で勃興した民族主義とは別の ものです…
コメント:0

続きを読むread more

「桜を見る会」騒動ー懲りない野党

今日のテレビの番組表を見て驚いた。 HBCは、5:25 あさちゃん 8:00 グッドラック 10:25 ひるおび 1:55 ゴゴスマ 11:00 NEWS23 と1日に5回も「桜を見る会」を 取り上げている。 HTBは、番組表には載っていないが、羽鳥慎一モーニングショーで パネルを使った批判報道を昨日に続いて今日もや…
コメント:0

続きを読むread more

北海道を「アイヌ特別自治区」にする?!

今月発売された「will 12月号」に、ジャーナリスト大高美貴さんの 記事「日本人分断工作か なぜアイヌが学ぶ北朝鮮の“主体思想”」 が載っていたので、読んでみた。 「主体思想」(チュチェ思想)は、北朝鮮の金一族の独裁を正当化 するための思想だが、アイヌ協会の関係者がこの思想を学ぶ講座を 開いているという。 …
コメント:0

続きを読むread more

北大の銀杏並木

昨日良い天気でしたので、北大の銀杏並木を 観に行きました。 銀杏の黄葉は、見頃かと思っていましたが 少しばかり早かったようです。 銀杏並木の先を左に曲がって 少し行くと、この大野池があります。 大野池の南側にあるファカルティハウス …
コメント:0

続きを読むread more