「セザンヌ主義」を観にいく

道立近代美術館で開催中の「セザンヌ主義」を観て来た。


かねて、セザンヌの果物の静物画に心ひかれるものを

感じていたが、今日、本物を観る事が出来た。


ただ、この度の展覧会は、セザンヌの絵だけでなく、セザンヌに

影響を受けた画家達(ピカソ、ゴーギャン、ブラック、安井曽太郎

岸田劉生など)の絵も数多く展示されていた。


一番観たかった果物の静物画が少なかったのが、少し残念だった。

一方、セザンヌが最も数多く作品を残した風景画の中にも、いいなあ

と思われるものに出会えてよかった。また、セザンヌのどのような

ところが、ピカソなどに影響を与えたのか、少しは理解できたような気が

した(たとえば、1枚の絵のなかに複数の視点があることなど)。


画像











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック