屋久島旅行記 その2

屋久杉自然館から杉匠というおみやげや兼レストランへ
行き、そこでトビウオの唐揚げの昼食を摂ったあと、
午後は「紀元杉」の観賞とヤクスギランドの散策へ向かった。

画像

   「紀元杉」へ向かう途中、バスのまどから見えた野生の”屋久ざる”

画像

    屋久鹿も見られた ( 屋久島の固有種には動物も植物も名前の
    頭に”屋久”を付けるようだ)

画像

    樹齢3000年、幹回り8.1m、樹高19.5mの「紀元杉」

屋久杉には、かの有名な縄文杉だけでなく主な杉には固有の名前が
つけられている。
樹齢は幹の太さから推定したもの、幹回りの太さに比べ樹高は低い。
この「紀元杉」は、標高1230mの山中にあるが、バスを降りて5分
ほどのところにあるのでお手軽に観賞することが出来る。

画像


「紀元杉」から、ヤクスギランドへ向かった。
ここヤクスギランドは屋久杉の森に遊歩道が整備され4つのコースが
設けられている。われわれは、60分コースをゆっくり90分ほどかけて
廻った。

画像

画像

画像

画像

画像

  今回2泊した「屋久島いわさきホテル」の部屋からみえる山々

画像

  旅の楽しみの一つはその土地の食べ物、ホテルの夕食で食べた
  右が鹿児島産黒豚の生ハム、左側手前はアロエの刺身、奥の方
  は屋久鯖の薫製
画像

   このトビウオのつけあげが美味しかった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック