出雲大社と伊勢神宮 3泊4日の小旅行  その2「出雲大社」

旅行の二日目、松江城へ行ったところまで、前回のブログで書きま
した。

お城の後、出雲市にある島根ワイナリーに立ち寄りました。島根県は
デラウエアの出荷量が全国一とか、ワイン造りも盛んなようです。

何年か前に、カリフォルニアのワイナリーに行ったことがあったので
その時のワイナリーの様子をイメージしていたら、全然イメージとは
違い、ワイナリーというより、お土産物の店といった感じでした。

画像


画像

赤ワインでもかなりフルーティーな感じでした
ワインは買わずに、シジミと出雲そばを買いました


さて次は、いよいよ今回の旅行の本命の出雲大社です。

出雲大社は、60~70年に一度遷宮を行っているようです。
今回は、平成の大遷宮として、平成20年から本殿の大改修
が始まり、昨年5月に仮殿から本殿への遷宮が行われました。

出雲大社といえば、縁結びの神社として有名ですが、この
縁結びは男女の縁だけでなく、広く人と人との縁を結ぶという
ことのようです。

出雲大社が祀っている神様は、大国主大神(大黒様)です。
出雲大社は、瑞穂の国を造りその国を天照大神に譲った
大国主大神の住まいであるという位置づけのようです。

画像

本殿(国宝)、残念ながら本殿のある敷地内は
入場禁止となっていました

画像

本殿を西側からみたところ  檜皮の軒先の厚さが
1mもあるそうです 高さは24m 1744年の創建

画像

旧跡の発掘によって描かれた上古の本殿の想像図
高さは96mあったと伝えられている

画像

発掘された本殿の柱

画像

写真の円は、発掘された柱があった場所と大きさを
表している

画像

大国主大神の像

画像

さざれ石(下の写真に説明書きがあります)

画像

(写真をクリックすると大きくなります)

画像

十九社(下の写真の立て札に説明書きが載っています)

画像


画像

八足門の前でお詣りする  出雲大社では、二拝四拍手一拝

画像

拝殿 平成の大遷宮で仮殿となった

画像

しめ縄のボリュームがすごい


今日のブログで足立美術館まで取り上げる予定でしたが
美術館は、次回にします。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック