原始重力波の観測は?

今朝の新聞に、「アメリカの研究チームが『100年前に
アインシュタインが予言した“重力波"』を初めて観測
した」というニュースが載っていました。

わが地球から、13億光年も離れたところにある二つの
ブラックホールが合体した時に生じた重力波(時空のひ
ずみが波となって伝わる)を、L1GO(ライゴ)という重力
波望遠鏡で検出したそうです。

そのひずみの大きさは、地球と太陽の距離で原子1個分
(1億分の1㎝程度)しかない微小なものです。

また、ブラックホールの合体で放出されたエネルギーは
太陽3個分にも匹敵する巨大なものです。

“13億光年"という距離、“原子1個分”という大きさ、“太
陽3個分”というエネルギーなど、私達人間の感覚では、な
かなか捉え切れないような数値ですね。

「重力が時間や空間をゆがませる」というアインシュタイン
の理論も人間の常識的な感覚だけでは、理解が難しいです。

(相対性理論と時間と空間の問題については、今「時間は
どこで生れるか」橋元淳一郎著を読んでいるところですので
後日触れてみたいと考えています。)

昨年、原始重力波(宇宙誕生の時に発生した)の存在を間接的
ではあるが証明したというニュースが発表されたことがあり
ます。しかし残念ながら後日その観測データは不十分だった
ことが分りました。

宇宙誕生は138億年前ですから、今回の13億年前の10倍強
の重力波望遠鏡の能力アップが図られれば、原始重力波の
直接の観測も可能になると思われますが、そう簡単なこと
ではないでしよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック