傘寿の同期会と小樽

先日、小樽で高校の同期会がありました。
同期のメンバーは、今年80歳を迎える(迎えた)ので
傘寿会と名付けた同期会になりました。

昭和33年に卒業した同期生は、総勢497名でしたが
今回の出席者は46名(他に先生1名)でした。

有志の努力で、卒業以来不定期に数年おきに行われて
きた同期会も、おそらく今回で最後になるでしょう。

欠席のメンバーのメッセージに、「体調不良」の文字
が目立ったこと、出席者の持ち物に「薬」が多かった
ことが印象に残りました。

それでも、宴会は、お互いの年輪をかさねた顔のなかに
高校時代の面影を見つけ、話しに花が咲きました。

画像

JR小樽駅のホームです。なんの変哲も無い駅のホーム
ですが私にとっては、幼少時から就職して数年までの
様々な思い出が詰まったホームです。

画像


画像

川崎から来たというおばさんに、この裕次郎の等身大のパネル
と一緒に写して、と頼まれシャッターを押してあげました。

画像

駅舎の内部は、ランプが飾られたりして小樽らしいムードがあり
昔より良いと思います。

画像

改札口を出て、左手の階段を上るすぐとホームに出られる構造は
当時から珍しかった。ホームの高さが駅舎の2階に位置しているのです。

画像


画像


画像

駅を出ると、正面に海が見える。昔はもっと良く見えたのだが。

画像

変わらぬ小樽駅の姿。

画像

駅前通りは昔よりスッキリと整備されました。

画像

都通商店街

画像

あまとうへ行くと良く食べたのが「クリームぜんざい」でした。

画像

白い建物のある場所には、昔「北海ホテル」という名のホテル
がありました。亡き父が務めていたホテルでした。

画像


画像


画像

小樽を少しばかり散策したあと、同期会の会場の「宏楽園」へ。

画像

庭が広く美しい。中の作りも和風で落ち着きのある宿です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック