シンガポール旅行  リバーボートの夜景とマリーナベイサンズのスペクトラ

市内観光から3時頃ホテルに戻って、一休みした後
夜は、「中華料理の夕食とリバーボート夜景鑑賞」
というJTBのツアーに参加しました。

ツアーを申込む時に、昼は飲茶で夜も中華と気付
いてはいたが、まあいいかと‥‥(笑)。

DSC00322.jpeg
IMG_0267.jpeg
クラークキーという変わった名前のシンガポールのナイトスポット
にある中華料理店に行きました。

DSC00329.jpeg
クラークキーは大変賑わっていました。
DSC00332.jpeg
DSC00330.jpegDSC00334.jpeg
ボート乗り場は行列の人で溢れていましたが、私達ツアー客は
優先乗船できました。
DSC00337.jpeg
“クラークキー”とは、クラークが第二代シンガポールガバナーの
名前、キーが運河と言う意味です。
シンガポール川の川沿いにあるこの地区は、昔倉庫が沢山あった
所で、港湾と内陸の物流の拠点でした。しかし、拠点が他の地区
に移ってしまい、一時寂れてしまいましたが、その後、ショップ
ハウス、ダイニイングエリアなどが開発され、シンガポールの観
光スポットになりました。クラークキーの歴史は、小樽運河の歴
史を思い出させます。

DSC00339.jpeg
IMG_0269.jpeg
DSC00340.jpeg
IMG_0270.jpeg
IMG_0272.jpeg
フラトンホテルは1920年代の建築で、元中央郵便局が
入っていた建物です。ベイサイド、リバーサイド両方に
接している人気のホテルです。
DSC00351.jpegIMG_0278.jpeg
ボートは10分程で海に出て、マリーナベイサンズの
船着場で数人の乗客を下ろしました。
IMG_0274.jpeg
私達はマーライオン公園で下船し、20時から15分間
行われるマリーナベイを舞台にした光と水のシヨー”
スペクトラ“が始まるのを待ちました。
IMG_0740.jpeg
DSC00364.jpeg
IMG_0741.jpeg
IMG_0752.jpeg
スペクトラが始まる頃から雷の落ちる音がし、雨がポツポツ
と降ってきて、ショーが終わる頃は、本格的なシャワーと
なってしまいました。それでも、多勢の観客が近くのショップ
の軒先に退避しながらスペクトラを眺めていました。
IMG_0763.jpeg
今日のツアーの終点は、コンラッドの隣のパンパシフィック
ホテルでしたので、途中のミレニアムウオークのオープン
カッフェで一休み。
IMG_0765.jpeg
ホテルに帰ると部屋から、ライトアップされた
富の泉が見えました。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント