テーマ:

「女帝 小池百合子」

先月発売された本「女帝 小池百合子」を、何人かのTwitterで みたので、読んでみました。 著者の石井妙子氏が3年半かけて取材し、小池氏の実像を浮き彫 りにしていて、大変興味深く一気に読めました。 目下、都知事選の最中ですが、東京都の人々がこの本を読んだら きっと小池氏に投票する事はないでしょう。 東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その5 完

著者は人の老化の仕組みを4つ上げています。 そのうち細胞の複製老化(テロメアの短縮)とアポトーシス については、前のブログで紹介しました。 今回は、残る二つ「炎症」と「胸腺」を取り上げます。 炎症 炎症は感染に対する重要な第一防御線ですが、加齢とともに 識別力を失い自分自身を攻撃し始めます。 炎症が攻撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その4

前回、老化の原因の一つとして、テロメアの短縮による 細胞の複製老化について紹介しました。 今回は老化の原因の二つ目として、アポトーシス(細胞 の自死)を紹介します。 アポトーシス オタマジャクシがカエルになるとき、尻尾を失いますが これはアポトーシスによるものです。 人の胎児も、5本の指を形成するとき、指と指の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その3

前々回では、人の体には“ガタ“はこないこと 前回では、老化のさまざまについて紹介しました。 この本の順番では、現代の進化論の俯瞰、老化の理論 と理論の老化が続いていますが、 このブログでは順番を変えて、本書のハイライト部分 とも思われる二つの老化の仕組みのうちの一つ “複製老化“について紹介いたします。 原生生物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」その2

老化のいきつくところは、“死“ですが、生まれてから死ぬまで の時間、すなわち“寿命“は、生物によって様々です。 生物の寿命 生物の寿命は、単細胞生物、植物、昆虫、哺乳類などで、それ ぞれ短命なものや長命なものなど実に多彩です。 この本で取り上げている長命のものをいくつかピックアップす ると ○ハコヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」

この本は、Youtubeにアップロードされた武田鉄矢のラジオ番組 (ラジオタウン)で紹介されました。 武田鉄矢の語り口にもひかれて、読んでみました。 人の体の中で老化はどのようにして起きているのか、なぜ老化が 起きるのかという問題に正面から取り組んだ力作です。 必ずしも読みやすい本ではありませんが、誰しも避けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「銃・病原菌・鉄」

なかなかユニークなタイトルのこの本、実は数年前に 読みかけのままでしたが、今回コロナ騒ぎで引き篭り の機会に改めて読んでみました。 上・下合わせて600頁を超える大著で読み応え十分で す。 著者のジャレド・ダイヤモンドはカリフォルニア大学 の地理学教授ですが、考古学、言語学、進化生物学な ど広範な知識を駆使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反日種族主義」その2

第二部 種族主義の象徴と幻想 では 反日の最高の象徴としての竹島(独島)問題や 白頭山神話、鉄杭神話、旧総督府庁舎の解体な どが取り上げられています。 竹島については、韓国はもともと竹島の存在を 認識していなかったし、1905年に日本が領有 宣言をしたときにも、なんら異議を唱えていな かった。 しかし、日本の敗戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反日種族主義」

現在の韓国の政治社会状況の中で、よくぞ勇気を持って このような内容の本を出版したものだ、というのが、私 の率直な感想です。 「種族主義」という言葉は、あまり聞き慣れない言葉で すが、韓国版のプロローグ 嘘の国 で著者は次のよう に説明しています。 「韓国の民族主義は、西洋で勃興した民族主義とは別の ものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絵を見る技術」

絵を見るのに、「特別な技術は要らない、自分の感覚で 好きなように見れば良い」という考えもそれはそれで良 いと思います。 がしかし、この本で紹介されているいくつかの「絵を見 る技術」を知れば、私達の絵を見る楽しさが今までより も より一層豊かなものになるでしょう。 また、絵を見るだけでなく絵を描く場合にも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「5G革命」の真実

5GのGは、ギガではなくGenerationのGで第5世代移動体通信システム を意味します。 スマホの画面を見ると、左上にdocomo4Gなどと表示されていますが この表示が5Gになる新しいスマホが、中国では今年発売され、日本では 来年発売されるようです。 5Gの特徴は、超高速、超低遅延、多数同時接続の3点と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もっと言ってはいけない」

頭の良い子は、頭の良い親からしか生まれないのか いや「とんびが鷹を生む」ということわざもある 人の知能は遺伝と環境(氏と育ち)どちらの影響が 強いのか 人種や国や性別によって、知能に違いがあるのか この本は、人の知能と性格が人種や国や性別によって 違いがあることを、様々な統計や実験の事実で示し さらにそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジブン手帳」を使い始めた

去年の11月頃、youtubeを見ていましたら、いろいろなデジタルデバイス をレビューしているあるユーチューバが、「これまで“ほぼ日手帳”を使って いましたが今後は、“ジブン手帳”に変えることにしました」と動画で話して いるのを目にしました。 私は、“ほぼ日手帳”も“ジブン手帳”も全く知らず、使ってみようという確固 たる意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将来、人口減少で年金が貰えなくなる事はあり得るのか

「未来年表 人口減少危機論のウソ」高橋洋一著 を読みました。 この本は、2017年7月に発売された「未来の年表」河合雅司著への反論 という形になっていますが、私は河合本は読んでいません。 なお、今年の5月に続編の「未来の年表 2」も発行されています。 さて、“人口が少なくなる”のは悪いことなのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百田尚樹著「日本国紀」を読む

この本、500頁もある大著ですが、作家が書いた日本の通史 ということで、大変読みやすかった。 500頁の約半分が、明治から平成までの近現代史に当てられ ていますが、私にとっては良かった。 ネット上で、この本の記述について、ウイキペディアのコピ ペの箇所があるとか、史実の誤記をコッソリ訂正していると か9条の改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナイ」と「ペツ(ベツ)」で知るアイヌの生活圏 「アイヌ学入門」その2

「ナイ」と「ベツ」は、どちらも「川」を意味する アイヌ語ですが、北海道にはこの二つの言葉が付く 地名が沢山あります。 稚内、岩内、歌志内、静内、江別、然別、登別、紋別 などなど、挙げればキリがありません。 札幌も元はサッポロペツ(乾いた大きな川)と呼ばれ ていたと言われています。小樽はオタオルナイ(砂浜 の中の川)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIに心は宿るのか

最近、メディアでAI(人工知能)という 言葉を目にすることが随分多くなりました。 車の自動運転や、囲碁や将棋でコンピュータが棋士に勝っ た、スマホやスマートスピーカーに話しかけると応えてく れるなど、AIが私達の世界にどんどん進出してきています。 この本は、そのAIの仕組みはどうなっているのかとか、AI はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池・小泉「脱原発」のウソ

1月15日の道新に、共同通信社の世論調査 で「小泉純一郎元首相らが主張する全原発 の即時停止に賛成は49.0%、反対は42.6% だった。」という記事が載りました。 更に記事では、政党の支持層別の賛否とと もに、男女別では、男性の49.8%が即時停 止に反対、賛成は44.4%女性は53.4%が賛 成し、反対は3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間の正体とは何か? その3

静岡の旅行記のために中断していましたが、今日は 「時間の正体は何か」の3回目(最終)をアップいたします。 前回のブログでは、アインシュタインの相対性理論によって 時間は絶対的なものではなく、速度と重力によって時間の進 み方が変化するということに触れました。 量子論と時間 相対性理論が対象とした世界は、マクロな世界でし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『時間』の正体とは何か? その2 相対性理論と時間

はじめに 前回のブログで、時間には、人間的時間(人間の感覚で感じる 時間)と物理学的時間(時計で計測する時間)があることを紹介 しました。 そして、人間的時間は、マクタガードのA系列の時間(生きて いる自分にとって時間はいつも「今現在」であるので常に 「現在」という視点に依存する時間)であり、物理学的時間 は、B系列の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『時間』の正体とは何か?

はじめに 『時間』の正体などと云っても、『時間』は私たちにとって あまりにもあたりまえの存在なので、なにをいまさら改めて 問うのかと思われるかもしれません。 しかし、古来から様々な哲学者が『時間』について考察して いますし、また科学者も物理学上で『時間』をとりあげてき ました。 ところが「現代の哲学者が説く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京大虐殺はあったのか?

1937(昭和12)年12月、中国の南京に入城した日本軍は、3ヶ月 間の占領中に、死者30万人に及ぶ大虐殺を行ったとして、戦後 軍事法廷で断罪されました。 中国は、この南京事件を日本の中国侵略の象徴と位置づけ、これ 迄中国国内の反日教育や日本政府に対する外交カードに使ってき ましたが、遂に昨年10月に、ユネスコの記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「毛沢東」日本軍と共謀した男

昨年の9月3日に中国で催された「中国人民抗日戦争勝利と 世界反ファシズム戦争勝利記念式典」という行事のことを 覚えている人も多いと思います。 私は、この行事が新聞テレビで報道されたとき、「なんで 今頃、抗日戦争勝利なんだ」「日本軍が戦ったのは、毛沢東 率いる中共軍というより、蒋介石率いる国民党軍ではなかつた の?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブッダは実在しない」

宗教学者である著者の本を読むのは、「葬式は、要らない」 「日本の10大新宗教」に次いで、3冊目となりました。 本屋で、この本のタイトルをみて“えっ!お釈迦様ってインド に実在した人物と思っていたけど?”と驚きました。 「『ブッダは実在しない』簡単に言えば、結論はそういうことだ。」 (p231)と著者はこの本の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい海に囲まれた癒やしの島に隠された病巣をあばく「沖縄の不都合な真実」

私は、今から10数年前に、2週間程の日程で、沖縄本島を 旅行したことがあります。レンタカーで、北は辺戸岬から 南端の海岸まで、隈なく見て回りました。 その時は、エメラルドグリーンの海の美しさに感激し、沖縄 焼酎の泡盛やソーキソバやゴーヤチャンプルーなどの沖縄料 理を賞味し、あちこちの城跡(グスク)や植物園などを訪ねま し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「光とは何か」その2 “光が発生するしくみ”

昨日から今日にかけて、青色発光ダイオードを発明した3名の 日本人がノーベル賞を受賞することになったというニユースが 新聞・テレビを賑わしています。 たまたま、前回のブログ(9/30「光とは何か」その1)で、光の 三原色などについても触れていましたので、今回のニュースを 一層興味深く見聞きした次弟です。 さて今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「光とは何か」その1

身近な存在でありながら、いざ考えてみると良く分っていない ものは沢山あるようです。 今日は、その代表的な例とも云える「光」について書かれた 本をみつけましたので、その一部を紹介してみたいと思います。 光(とその仲間)の正体は、大ざっぱにいうと、空間を伝わる 電気的な波です。電気的な波が起ると、必ず磁気的な波も同時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙はなぜこのような宇宙なのか

今週月曜日に、この本を読み終ったばかりのところに、翌火曜日に 新聞で「宇宙誕生時の『重力波』観測」のニュースを目にして、偶然の 一致に驚きました。 宇宙についての本は、今までに何冊か読んでいますが、そのうち分り やすくて面白かったのは、3年程前に読んだ「宇宙は何でできている のか」(村山斉著)でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「選択の科学」を読む

私達は、意識するかしないかは別にして、毎日無数の“選択"という行 為をしている。今日は外出するか家にいるか、家にいた場合、本を読 むか絵を書くか、昼食は蕎麦にするかラーメンにするか等々。 こうした毎日のささやかな“選択”以外に、「受験する学校や会社を どこにするか」「〇〇さんと結婚するかしないか」「持家は―戸建に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more